お部屋探し・引越しマニュアル 引越しで慌てないために、引越しマニュアル

転出に必要な手続き

市区役所・町村役場

転出届(印鑑・免許証・社員証・学生証などの証明証類)

転出日前に届け出をし、転出証明書をもらう。 ※同じ市区町村内であれば住所変更だけでOK。

印鑑廃止

転出時は手続き不要。

国民健康保険・住所変更届(国民健康保険証)

「現住所での」資格喪失手続きをする。早めに届けても転出日まで有効。 ※同区内移転は届け出不要。

福祉関係資格喪失手続き(印鑑、転出証明書)

乳児医療、公害認定医療、生活保護、老人年金等を受けている人に限り、現住所での資格喪失手続きをする。

※国民年金は届け出不要。

転校届

異動表をもらい、在学している学校に提出。後日、教育委員会から在学証明書・成績証明書・教科書給与証明書・入学通知書が届く。

バイク廃車届(印鑑、原付自転車標識交付証明、ナンバープレート)

125cc以下のバイクについては、現住所での廃車届けをし、ナンバープレートと原付自動車標識交付証明を返却。廃車証明書をもらう。

保健所

所轄の保健所に連絡し、抹消手続きをしておく。

警察

運転免許証

転出時は届出不要。

陸運局

自動車・バイク

自動車や、125ccを超えるバイクについては、転出時は届け出不要。ただしローン残がある場合は販売店に相談する。

NTT

電話の移転

最寄りの支店・営業所か、局番なしの116番へ電話で申し込む。番号一時預けもできる。
※移転先番号案内サービス(無料)もあり。

郵便局

転送届

転居先住所を届け出ておくと、1年間は旧住所宛の郵便物を新しい住所に転送してくれる。

注意!
※クリーニングを出している人は、引き取りに行くことを忘れずに。クレジットカードの住所変更、保険会社への連絡なども忘れがちなので注意しよう。
※ガスは1週間前に連絡し、引越し当日に、係員よりメーターの封印や取り外しを行う。空室中の事故や、つぎの入居者とのトラブルを防ぐため、メーターの封印は必ず確認すること。

サイドメニュー